建築情報

隈研吾氏設計、茨城県境町「道の駅さかい」のレストラン「茶蔵(ちゃくら)」オープン

「道の駅さかい (茨城県猿島郡境町 1341-1)」の北側にレストラン「茶蔵(ちゃくら)」オープン。設計は、建築家の隈研吾さん(隈研吾建築都市設計事務所)に委託。隈さんは、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場をはじめ、ホテルや美術館など様々な建築物を設計しており、県内では取手市の県南総合防災センターを手がけています。 レストランンは2階建てで、1階は地産地消を提供するビ

Read More…

埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー~もうひとつの建築史」展を3月24日まで開催

「インポッシブル・アーキテクチャー~もうひとつの建築史」は、20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称しています。ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想がラディカルで無理難題であるがゆえの「不可能」を意味しません。言うまでもなく、不可能に眼を向ければ、同時に可能性の境界を問うことにも繋がります。 建築の不可能性に焦点を

Read More…

ソフトバンクが「竹芝地区開発計画」の スマートビルに本社を移転

ソフトバンクは、ワークスタイルのさらなる変革とBCP(事業継続計画)の強化を目的に、「(仮称)竹芝地区開発計画」において東急不動産と鹿島建設が共同で開発するオフィスビルへ、2020年度中に本社を移転すると発表。新オフィスは、オープンイノベーションの創出に最適化されたコミュニティー型ワークスペースをグローバルで展開する、WeWorkがデザインします。 「(仮称)竹芝地区開発計画」は、東京都の「都市再

Read More…

エコソリューションズ社「子どものための建築と空間展」開催、3月24日まで

「子どものための建築と空間展」は、子どもたちのためにつくられた学びの場と遊びの場の建築と空間のなかから、日本の近現代の建築・デザイン史において、ひときわ先駆的かつ独創的なものを紹介する展覧会です。イベントでは、子どものためにつくられた建築の美しい図面を展示。彫刻家イサム・ノグチの遺作の初公開資料、子どもたちのヒーロー、ウルトラ怪獣のデザイン画を展示されます。 ■ 展示会の特徴 こんなところで遊びた

Read More…

JR 東日本、山手線、田町~品川駅間の新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」に決定、デザインコンセプト公開 2020年春に運行予定

JR東日本、2020 年春に山手線、田町~品川駅間に新しい駅が誕生。新駅の駅名は、2018年6月5日(火)~30日(土)までの間、駅名案の募集し、選考の結果「高輪ゲートウェイ (Takanawa Gateway)」に決定。駅の照明デザインについてもコンセプトおよびデザイナーも合わせて決定し、コンセプトデザインを公開。 「高輪ゲートウェイ」命名理由。この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑

Read More…

ネコリパ不動産、成増に都内最大級となる猫共生型の RC デザイナーズマンション「feel CnB」

ネコリパ不動産、東京都板橋区成増に都内最大級となる猫共生型の新築 RC 賃貸デザイナーズマンション「feel CnB」建設。全部屋に「キャットスルー(猫ドア)」や、トイレを使うだけで、猫ちゃんの体重とおしっこの量を測って飼主さんのスマホに送ってくれる話題のハイテク猫トイレ「toletta」が全戸標準装備。 ※ 最寄り駅の東武東上線 成増駅 ■ feel CnB コンセプト図 この個性的で洗練された

Read More…

日建設計エンジニアリング部門構造設計グループ企画展示「STRACTS」開催、12月21日まで

日建設計、日建設計東京ビル1階ギャラリーで、構造設計グループ企画展示「STRACTS(STRUCTURE+ACT⊃CONNECTION)」を2018年11月5日から12月21日までの期間開催。本企画では、様々な展示や体験を通して、構造設計グループの技術・サービス・創造性を身近なものとして感じてもらうものとしており、「構造の進化の歴史」「構造設計の流れ」「構造模型」「耐震設計の最先端」「可変構造の挑

Read More…

「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 A地区」の名称が「日本橋室町三井タワー」に 決定、商業施設が2019年秋オープン

三井不動産と日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合は、「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 A地区」(東京都中央区日本橋室町三丁目)にて建設中の建物の名称を「日本橋室町三井タワー」とし、商業施設「COREDO (コレド) 室町テラス」を2019年秋にグランドオープンすることを決定。 「日本橋室町三井タワー」は「日本橋再生計画」において、日本橋エリアの情報発信拠点となる 最新の大規模複合ビルで

Read More…

JARA2018「建築パース2018展」開催、建築パースの他、映像作品、図録(無料)配布も有り

JARA2018、発足以来38年間続いている建築ヴィジュアライゼーションの作品展「建築パース2018展」開催。JARA 会員作品を中心に、海外の建築イラストレーション団体の作品も含め約80点を展示。入場は無料で、建築パースの他、映像作品、図録(無料)も有り。2018年8月25日(土)~10月4日(木)まで開催(地域により開催日時が異なります。) ■ 東京展 期間:2018年8月25日(土)~9月1

Read More…

TOTOギャラリー、建築家・藤村龍至氏の個展「ちのかたち – 建築的思考のプロトタイプとその応用」開催中

TOTOギャラリー・間では、建築家・藤村龍至氏の個展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」を2018年7月31日(火)~9月30日(日)の期間に開催。 単純な形状を出発点とし、細かな与条件をひとつひとつ反映しながら、多数の模型で比較・検討を重ねていく独自の設計手法「超線形設計プロセス」を展開してきた藤村龍至氏。評論活動や教育活動に加え、近年では市民を巻き込み、現代に即した開かれた建築

Read More…